あとがき(言い訳)とか


12月の春

 このころ、シンガーソングライターの谷山浩子さんの影響で、ファンタジー系の童話などに興味を持っていました。まだ、人生経験も乏しかったので、現実感のないファンタジーという題材は、扱いやすかったのだと思います。逆に言えば、今は、現実に縛られ、こういった空想がメインになるお話を書くことが難しくなりました。10代のとき書いておいてよっかったというお話です。
 これを気に入ってくれた友達が、漫画化させてくれと言ってきたことがあります。結局、完成しなかったみたいなので残念でした。


枯葉のコンチェルト

 これも、10代の頃、書いたお話です。文芸部の課題創作のテーマが、「たきび」だったのですが、なかなかストーリーが作れず、苦労しました。
 暗い話なので当時(ネクラやネアカという言葉が流行っていた)は、受けがわるかったのですが、文芸部の先輩が気に入ってくれて、「キャンパスインホメーション」というミニコミ誌に載った作品です。
  


*ご感想・ご意見等、いただけるとうれしいです。

お名前メールアドレス(必須です)


★ホームページへ ★もどる